20201年6月個展開催のお知らせ

2021年6月5日(土),6日(日),12日(土),13日(日)に埼玉県・飯能にあるAKAI Factoryにて個展を開催いたします。

AKAI Factoryは地元飯能で70年以上稼働した工場跡地をリノベーションしたアーティストレジデンス、ギャラリースペースです。

今回の展示では飯能を走る西武池袋線をモチーフにした作品を中心に、やくもたろうの描き鉄ワールドが昭和の面影を色濃く残すスペースで展開されます。

AKAI Factoryでの個展限定作品も販売致します。

「初めて外見を見た時は正直驚きました。しかし中に入ってみると違った驚き、それは不安感ではなく気持ちが昂揚するようなワクワクするような驚きでした。剥き出しになった油の染み込んだような年季の入った木々の柱、張り巡らされた配線、梁に設置された沢山の滑車がそのまま残されていて、柱の傷や釘の跡などが70年の歴史を全身で感じられる空間でした。すぐ横は西武池袋線の線路があり、線路のジョイント音や列車のモーター音が響いていて、まるで昔の駅舎のようにも感じられる、昭和の雰囲気がそのまま残された空間の真ん中に存在する白壁の展示スペースが、”描き鉄”というノスタルジックなテーマも含んだ表現にはピッタリだと思いました。」
歴史ある空間と鉄道の、時空を超えたワンダーランドに是非お越し下さい。

◇開催概要◇

やくもたろう「描き鉄ワンダーランド」

・開催日:2021年6月5日(土),6日(日),12日(土),13日(日)

・開場時間:12:00~18:00

・会場:AKAI Factory

https://akaifactory.handcrafted.jp/

埼玉県飯能市柳町25-9

E-mail:akai.factory@gmail.com

☆AKAI Factory個展限定作品の販売があります☆


※緊急事態宣言の有無に関わらず延期又は中止の可能性もあります。

⬇︎下記クリックでGoogle Mapが見れます⬇︎

○やくもたろうプロフィール○

画商の父と彫金作家の母の間に産まれた環境からアートを身近に育ち、幼少の頃より絵画教室に通い油絵等を描き始める。

13歳頃から音楽に傾倒し、ベースやギターを始めオリジナル楽曲の制作をしながらバンド活動を開始する。イギリス、アメリカのポップ、ロックミュージックに影響を受け音楽を通じて欧米文化のカルチャーに影響を受ける。

2000年初頭より日本でも現代アートのマーケットが盛んになり、父親の影響でアジアのアートフェアやアートオークションに行くようになり、自らギャラリーを開設しアジアやアメリカを中心にアートフェアやアートオークションに参加しながら世界のアートマーケットを学び、ギャラリストとして活動する。

40歳になったのを機にアーティストとしての活動を本格的に開始。

子供の頃の鉄道好きから鉄道とアートの結びつきを模索し、鉄道はアートだというコンセプトを基に、「描き鉄」という新しいカテゴリーを提唱し、現代アート的な多様の表現によって製作・活動を行っている。

SNSまとめQRコード

QRコード読み取りでご利用のSNSを選択できます。



描き鉄「やくもたろう」オフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000